TOP 施設案内 千葉周作のプロフィール 関連リンク お問い合わせ
狐雲屋敷
 孤 雲 屋 敷

寛永六年周作が60歳の肖像画
            






 孤雲屋敷(こうんやしき)は、花山村字
草木沢小田に所在した佐藤家住宅を
小田ダム建設で移築したものです。


七代目当主の重太郎は、この地で生まれ育ち、
後に江戸で最大の道場を持った


幕末の剣豪、千葉 周作の剣士としての天分を
認めた人といわれています。

佐藤家はもと姉歯氏の重臣であったが
後遠藤氏の家臣となり川口村に移住、

やがて
花山村草木沢小田地区に移り住み帰農、
幕末期に肝入、
その後村長を勤めた家柄であります。

この建物は当地方でもまれな十八世紀末以前のものと推定され、
極めて貴重なものです
for English


●休館日:毎週月曜日から水曜日
祝日を除く)、冬期間12月1日から3月31日は休館
団体等で事前の電話等予約で休館日に開館する場合があります。

●開館時間:午前9時から午後4時
●子供 100円
  大人200円
団体割引20名以上2割引

詳しい地図はこちらから
●交通アクセス:

東北自動車道築館インターチェンジから自動車で30分


●電話番号:0228-56-2656]



営業カレンダー
ピンク部分はお休みとなっています。

 
アクセスカウンター
出会いモバコイメル友